FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しき天才たち

0216.jpg


天才と呼ばれる人たち独特の悲しさって何だろうかなあ。

心から気が晴れるということがないように思う。

イヴ・サン=ローラン
ジャン=ミシェル・バスキア

のドキュメンタリー映画を見て思う。

14日は草間彌生展へ。

初めて草間彌生さんの絵を見た。

う~ん・・・う~ん・・・と胸がきしむように苦しい気持ちが過ぎて痛快。

さっそくこれまた草間彌生さんのドキュメンタリー映画のDVDを購入して見る。

草間さんは気は晴れないけど暗さがない不思議な人で礼儀正しい人でした。

成功を収めた天才たちを見て単純に称賛と憧憬の気持ちを持てず
むしろなんとも悲しい気持ちになって1人でホロホロ泣くやなんて
私も変わったなあ。ヤングじゃないな。と思いました。

でも、天才たちの生み出した作品を感じる気持ちは今のほうが繊細で複雑で深い。

「天は二物を与えず」って、賢くて美人とかそんな普通のことじゃなく
真の天才は絶対に普通の人の平凡な幸せは手に入れられないって意味じゃないでしょうか?
本人の意志に関係なく、そうなってしまうのがやっぱり天才の宿命というのでしょうか。

というような話を娘として
「お互いに天才じゃなくて良かったな。」
と私が言うと、娘が真顔で
「うん。」
と言うので笑いました。
「凡人は努力あるのみやな。」
という結論に2人で深くうなずいたのでした。

画像は「それぞれの箱」というタイトルで近日ポストカードになります。
只今仕上がりを楽しみに待っているところ。



2012.02.16. Miyuki Ishimoto




添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。
















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

それぞれの心の箱・存在のかたち・・ってところかなあ・・。
すてきなポストカードになりそうですね♪

Re: No title

ゆきちゃん、ありがとう。

仕上がったらまた見て下さい。
存在のかたちかあ・・・深いね。
プロフィール

minominomushi

Author:minominomushi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。