FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲子園ネット裏のおじさん

特に野球に興味はないのだが、今年の春の選抜高校野球は何となく観ていることが多い。
娘が春休みで、遅めの朝ご飯をダラダラ食べている時間。
再びタラタラした昼ご飯の時間。
何となくテレビをつけて、何となく観てしまう甲子園。
それが何となく毎日続いていたのだが、ある日フト視界に入ってきたおじさんがいた。
赤とブルーの派手なラガーシャツに蛍光色の黄色の帽子。
キャッチャーのほぼ真後ろのネット裏最前列に座っているので非常に目立つ。
その日のおじさんは色彩的に「怪物くん」であり
「あのおっちゃん怪物くんや!誰かのお父さんかな。ワハハ〜!」と大笑いしていたのだが・・・

さて、お昼時。
またまたテレビをつけるとその日の第二試合の途中。
そしてあの場所には、なんとまたあのおっちゃんが!
しかも、ラガーシャツの色がオレンジと紺になっているぞ!(帽子はずっと蛍光色の黄色)
着替えてる・・・。
もちろん翌日も私はあのおじさんがいるかどうかを確認するためにテレビをつけた。
いた!今日は白と紺のちょっとさわやかなラガーシャツ。(帽子は同じ。)

こうなると試合そっちのけで、もうそのおじさんが気になってしょうがない。
おじさんに釘付けだ。
私はこのおじさんを確認するために毎日高校野球を観るようになった。

どうやらこのおじさんはどこかの学校や選手を応援しているわけではなさそうだ。
周りにいるのも良く似た年頃のおじさんだが、この顔ぶれは毎回変わる。
時々会話をしているようなのでどうやら顔見知りらしい。
おじさんの観戦態度は非常に良くて、いつもきちんと座って試合をしっかり見守っている。
ヤジを飛ばしたり、生ビールをがぶがぶ飲んだりは決してせずに紳士的だ。
しかし野球関係者やマスコミの人ではなさそうで、これはもう甲子園マニア??
もしかしたら野球界では、ものすごく有名な人なのかも。
いや、しかしなぜ毎試合必ずラガーシャツでしかも一試合ごとに着替えるのか?
そして帽子は必ず同じ黄帽なのか。
ネット裏のおじさんに対する疑問と好奇心は日々膨らみ娘に
「一緒にあのおじさんに会いに行ってみんか?」とまで言いだす始末だ。(あっさり断られる)

私は考えた。
あれだけ目立つおじさんだ。
私以外にも気になった人はいるはず。もしかしたら何か情報が得られるかも・・
淡い期待を抱いてインターネットで「甲子園ネット裏のおじさん」で検索をかけた。

bbl1208080742000-n1.jpg
ネット裏のおじさんの情報

きた!すごすぎる!!!予想以上にすごい!!!
1999年以来春夏甲子園の全試合をあの場所で観てきたこのおじさん。
通称『ラガーさん』
大会期間中はあの席を確保するため8号門前で野宿!!!
そしてできた「8号門倶楽部」(メンバーは約100人!!)
てっきり地元の人かと思いきや都内在住。独身。
本名 善養寺隆一さん
家族からは「そのパワーを別のことに使え」と言われながらも自分の好きな道?を貫くこの精神力。
私はちょっと感動しました。ええ。
数々の高校球児達の汗と涙の死闘をネット裏から見守り続けるラガーさん。
いやあ、一回飲みながらじっくり話を聞いてみたいわあ。
世の中には自分の想像を遥かに越えたすごい人がいるもんだ。

というわけで、私はこの春の甲子園で毎日ラガーさんの元気な姿を確認したいと思います。
そしてラガーさんこだわりの一試合ごとに着替えるラガーシャツの色も必ずチェック!
もちろん夏も私はきっとあの場所にいてくれるラガーさんを見ることでしょう。

「ぶっ倒れるまで続けたい!」というラガーさん。
なんか、かなりテンション上がりました。
私も何か分からんけどがんばろーっ!オーッ!という気持ちっす。

興味がわいた方はテレビを高校野球の中継をぜひ観て下さい。
ラガーさんは必ずネット裏にいてくれます!










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

minominomushi

Author:minominomushi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。